無添加シャンプー専門屋トップ
無添加へのこだわり > 安心シャンプーの選び方 >成分をチェックしましょう

無添加石鹸 商品

種類で選ぶ

無添加へのこだわり

シャンプー関連アンケート

関連情報

魂の商材屋 本店



ネプトプランニングロゴ

合資会社ネプト・プランニング

〒170−0002
東京都豊島区巣鴨2-12-12EGビル2F
TEL:03-3576-6037
FAX:03-3576-6038


成分をチェックしましょう!

洗浄成分だけではない!その他の成分にも十分注意を

一般的に、シャンプー成分で話題に上がるのが、『界面活性剤・合成界面活性剤が入っているかどうか?』で、それ以外の成分についてはまったく無頓着な人が多いのが実情。その他成分にもしっかり照準を当てなければなりません。

旧指定成分の合成界面活性剤である「ラウリル硫酸塩、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸、ラウリル硫酸トリエタノールアミン」や「ラウレス硫酸・・・」の類は要注意の洗浄成分なので、これはぜひ避けて頂きたいですが、これ以外に合成ポリマーや化学合成添加剤の類もぜひ避けて頂くことをおススメします。

ちなみに、とある有名メーカーの合成シャンプーの洗浄成分以外の成分の中で、以下のような成分が配合されてましたが、これらは全くの不要成分です。メーカーは、“髪をなめらか&艶やかかにする成分と、大量生産して長期保存するのに必要な成分を入れています。”、と言うでしょうが、消費者にとっては全くに不要&有害とされる成分です。


ビスイソブチルPEG-14(合成界面活性剤)、ジメチコン(合成ポリマー)、コポリマー(合成ポリマー)、EDTA-2Na(金属封鎖剤)、フェノキシエタノール(合成防腐剤)、安息香酸Na(合成防腐剤)、香料(合成香料)、黄4(合成色素)、黄5 (合成色素)


イメージ「髪をなめらか&艶やか」というのも髪そのものを良くするのではなく、そう感じさせるための人工成分です。消費者はこのあたりをキッチリ理解しておかないと、長期使用で “見た目つややか、中パサパサ”という事態にもなりかねません。

まとめてみましょう。洗浄成分および、その他成分においては以下に注意を払って頂ければ、まずまず良好なシャンプー選びが可能になるでしょう。


1.旧指定成分の合成界面活性剤である「ラウリル硫酸塩、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸、ラウリル硫酸トリエタノールアミン」や「ラウレス硫酸・・・」の類の洗浄成分は避ける

2.洗浄成分以外の以下のような不要成分(合成ポリマーや化学合成添加剤の類)も極力避ける

化学合成の防腐剤(パラベン・メチルパラベン・フェノキシエタノール・安息香酸Na他)・合成ポリマー(人工コーティング剤/メチコンやジメチコン他)・金属封鎖剤(エデト酸/EDTA-○○、エチドロン酸)・発泡剤(コカミドDEA他)、色素(黄色○○、青色○○等)・人工香料

今お使いのシャンプー成分の中味と安全性を確認していますか?

さてちょっと以下を見てください。

ちまたで超人気になったシャンプーと、もうひとつはアトピー・乾燥肌にも良いとして実際に販売されているシャンプーを 例に挙げて検証していきましょう。 (※営業妨害のつもりはなく、あくまでも成分を検証するための参考事例として挙げたまでであることをご理解下さい。)


大手化粧品メーカーの人気シャンプー(550ml) メーカー希望小売価格 900円 (税込)

水,ラウレス硫酸Na,ココイルメチルタウリンタウリンNa,ココアンホ酢酸Na,コカミドプロピルベタイン,ジステアリン酸グリコール,DPG,ソルビトール,塩化Na,ヒドロキシエチルウレア,ポリクオタニウム−7,トウツバキ種子油,ポリクオタニウムー61,ジメチコン,クエン酸,ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,(ビスイソブチルPEG−14/アモジメチコン)コポリマー,EDTA−2Na,ラウロイルメチルタウリンNa,ココイルグルタミン酸K,グリセリン,BG,ココイルアルギニンエチルPCA,フェノキシエタノール,安息香酸Na,香料,黄4,黄5


皮膚科の医師開発の低刺激・弱酸性シャンプー アトピー、敏感肌、乾燥肌にも安心なシャンプー )(300ml) 5,250円

全成分:水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウレス-15、ラウリル硫酸TEA、コカミドDEA、ベタイン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリル、アルキル(C12、C14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHcl、グリチルリチン酸2K、褐藻エキス、ヒノキチオール、ラベンダーオイル、フェノキシエタノール、ペンテト酸5Na


成分見ていただいていかがでしょう?成分の良し悪しがわかりますか?また、あなたならこのシャンプー買いますか?

全くすべてが意味不明というのであれば要注意です。何を入れられてもわからない、なされるがままという無防備体制なのですから。

見わたすと 要注意成分がズラーっと並んでます。

まず、上の人気のシャンプーです。ざっと見ただけでも化学成分のオンパレード。

洗浄成分には、有害成分として厚労省の旧指定成分にも挙げられている 石油系合成界面活性剤ラウレス硫酸Na。 そして、人工コーティング剤(合成ポリマー/シリコン類)ジメチコン、泡立ちを良くする発泡剤コカミドDEA酸化防止剤EDTA−2Na化学合成防腐剤安息香酸Naフェノキシエタノール化学合成色素黄4,黄5 ・・等が容赦なく入れられています。

以下はすべて合成界面活性剤です。こんなに沢山の種類が入っています。・・・大丈夫かしら?

ラウレス硫酸Na、,ココイルメチルタウリンタウリンNa、ココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール,ポリクオタニウム−7、,ポリクオタニウムー61

石油系合成界面活性剤は、台所洗剤とほぼ同様の成分なので、素手で洗うと手荒れを起こす合成洗剤をそのまま頭にふりかけているイメージです。 あなたは台所洗剤を頭にふりかける勇気はありますか?このシャンプーを使っている人は、大変勇気のある人と言えます。

安全・安心が叫ばれる現在、このような成分をたっぷり入れていること自体疑問ですが、メーカーは必ず、“使用量にも問題なく動物実験でも安全性は実証済み で安全性には問題ありません!”と言うことでしょう。まかり間違っても石油系合成界面活性剤の危険性を警告することは一切ないはず。おそらくこれからも。 メディアも同じ穴のムジナ。だから、実情を知っている我々があなたに声高に注意を促さなければならないのです。

さて、もう一方の低刺激・弱酸性、そしてアトピー・乾燥肌に良いというふれこみのシャンプーです。

イメージ これも負けず劣らず化学成分のオンパレード。 成分見て愕然です。

これは普通肌の人にも宜しくない成分ですが、何とアトピー・乾燥肌にも安心・・とは!


これまた、洗浄成分は、上記同様、石油系合成界面活性剤のラウレス硫酸Na、ラウレス-15、ラウリル硫酸TEA。・・・これもかなり強烈です!

しかも皮膚科のお医者が開発したそうです。 このシャンプーをアトピーの人におすすめしているのでしょうか?
“このシャンプーとステロイドで頑張ってみてね!”とでも言っているのでしょうか?

これでは治るものも治りません!逆に火に油を注ぐようなもの!

大変な悩みを抱え、信用している人の気持を本当に考えて作ったのか非常に疑問です。

しかし、安易に使うほうにも問題があります。知らないと一方的な受け身になり非常に危険。
この隙間を埋めるには自身で学ぶしかないのです。

当店では何度も口を酸っぱくして言っていることがあります。それは。。

『知らない人は損をする』『これからは自己防衛・自己管理の時代』

安心・安全は人任せではなく、あなたの確固たる基軸を持ち、自分で判断できるようにすべき時代にもう突入しているのです。

“賢い消費者づくり”が当店の目的のひとつでもあるのですが、当店はあくまでもあなたのサポート役。
最終的にはすべてがあなたに委ねられることを肝に命じておきましょう!





いいね、+1をお願いします
あなた好みの無添加ヘアケアがすぐ見つかる!美髪づくりの無添加ヘアケアチャート
魂の商材屋のトップに戻る