無添加シャンプー専門屋トップ
無添加へのこだわり > 安心シャンプーの選び方 > シャンプーの種類

無添加石鹸 商品

種類で選ぶ

無添加へのこだわり

シャンプー関連アンケート

関連情報

魂の商材屋 本店



ネプトプランニングロゴ

合資会社ネプト・プランニング

〒170−0002
東京都豊島区巣鴨2-12-12EGビル2F
TEL:03-3576-6037
FAX:03-3576-6038


あなたは化学成分に無頓着?

界面活性剤は 石けんと合成の2種類に大別されます!

洗浄剤は「界面活性剤」と呼ばれ、
国内においては
「石けん(脂肪酸ナトリウムまたは脂肪酸カリウム)」
「合成洗剤(合成界面活性剤)」
の2つに分けられます。 
→ほとんどの方が分かっていないようです。(アンケート結果)


というか、日本では否応なしにこの2つに分類させられます。なぜだかわかりませんが。

要は、たとえば、石鹸シャンプー以外は、一様に「合成シャンプー(合成界面活性剤)」になっちゃうわけです。

厚生労働省で有害評価されているラウリル硫酸等のような旧指定成分を含んで、しかも合成添加物たっぷりのシャンプーも、植物性の活性剤使用で化学合成添加剤を一切含まない完全無添加シャンプーも一様に「合成シャンプー(合成界面活性剤)」となってしまいます。

『合成シャンプー』というとイメージ悪いです。ですから昨今、呼び名を様々変えて売っています。

たとえば、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系・・・皆さんはそれだけで安心?と勘違いしてませんか?


以下の名称で売られているシャンプーは 合成界面活性剤(合成シャンプー)です。ご存じでしたか?

シャンプー選びの注意ポイント

“合成シャンプーと言うと買ってもらえないしーッ” というシャンプーメーカーの苦心のほどが垣間見られますね。

ですが、 単に「合成シャンプー」というイメージの悪さを払しょくさせるための言い回しに過ぎません。

消費者の皆さんはこれに惑わされてはいけません!要は中身がどうなのか?ということに帰結します。

当店では、完全無添加シャンプーであろうとも、石鹸シャンプー以外は合成であることをハッキリ申し上げています。

イメージひどいものになると、明らかに合成シャンプーなのに、「界面活性剤一切不使用のシャンプー」と銘打って販売しているシャンプーもあります。

中身を見るとまさに合成バリバリのシャンプー。成分を読み解くことがいかに大事かがわかります。騙されないように注意!

界面活性剤を使用していないシャンプーとは、石鹸でもなく合成界面活性剤でもないいこのようなものを言います。

基本的には、石鹸シャンプー以外は合成シャンプーであることを覚えておかれると宜しいでしょう。


ちなみに、当店・魂の商材屋の無添加シャンプーを今風に言うと


完全無添加のアミノ酸系ノンシリコンシャンプー

ここで注意しなければならないのは、 往々にして「界面活性剤」すべてを悪者にしている人がいますが、それは大きな間違いです。
なぜなら、石鹸をはじめ、卵、コメのとぎ汁も「界面活性剤」なのですから。また「合成界面活性剤」も悪者と決め付けている人がいますが、その数は何千種類とあり、良し悪しのレベルがあることも認識していただく必要性があります。

ですが、石油系合成界面活性剤は注意すべきです。

シャンプー選びは、イメージではなく成分内容をしっかり確認すべし!






いいね、+1をお願いします
あなた好みの無添加ヘアケアがすぐ見つかる!美髪づくりの無添加ヘアケアチャート
魂の商材屋のトップに戻る