無添加シャンプー専門屋トップ
無添加へのこだわり > シャンプー基礎知識 > キャリーオーバーとは

無添加石鹸 商品

種類で選ぶ

無添加へのこだわり

シャンプー関連アンケート

関連情報

魂の商材屋 本店



ネプトプランニングロゴ

合資会社ネプト・プランニング

〒170−0002
東京都豊島区巣鴨2-12-12EGビル2F
TEL:03-3576-6037
FAX:03-3576-6038


キャリーオーバーとは

キャリーオーバーとは

あらゆる化学成分一切無添加のレベルではじめて『本当の無添加』と呼べるものですが、 さらに究極のレベルを目指すと「キャリーオーバー」という課題が出てきます。

キャリーオーバーとは、『持ちこされた成分』という意味で、全成分内容には表記義務はないが、原材料の栽培過程から製造の工程において「残留」として残っている場合があるものを指します。

たとえば、一般的な石鹸メーカーにありがちですが、植物油脂にあらかじめ酸化防止剤等を入れておくことで、出来上がったものには「石鹸素地」とだけ記載すれば良いという都合の良い法律があります。消費者には非常に迷惑な話ではありますが。

当然、この石鹸素地には化学添加剤が含まれているのですが、一般ユーザーからは全く見えない事実があります。


たとえば、石鹸の成分表示に石鹸素地(純石鹸分)というものがあります。
他社の「無添加系?」の石鹸を使って「ヒリヒリした」、「突っ張った」というユーザーもいらっしゃいます。 「無添加石鹸」だと思って買ったのになぜ??・・・。

イメージ考えられることのひとつに、 石鹸素地を作った後に化学添加剤を添加するのではなく、石鹸製造時で原料油脂を調合する段階で、油脂にBHAやBHT(酸化防止剤)を事前に入れておくという、防腐剤や酸化防止剤などの添加物を隠す手法(表記逃れの裏技)があるのです。

これは法律の観点からは違法ということではありません。現在、化粧品は全成分表示をしなければならず、消費者のためにお国の親切のようにも一見に思えます が、消費者にとっては実に迷惑な話なんですね。商品を実際に使うのは消費者なのに、なぜそこまでメーカーを保護しなければならないのかが非常に不思議。し かしこれは石鹸だけではなく、シャンプーや化粧品など様々な商品に言えます。


また、シャンプーや化粧品の成分に「●●エキス」というものを良く見るはずです。
●●エキスはアルコールや有機溶剤(化学成分)などの抽出溶媒を使って抽 出したものが多いです。BG(ブチレングリコール)が良く使われる溶媒です。この抽出後のエキスにもその溶媒の化学成分は微量なりとも残留していますので これも「キャリーオーバー成分」となるわけです。ですからシャンプーや化粧品などに●●エキスと書かれているものはそのほとんどにキャリーオーバーがあると考えて頂いて間違いないはずです。 このキャリーオーバーをクリアするとなると、蒸留法での抽出か原液で入れるしかありません。。


原料栽培時点でのキャリーオーバーについて

ついでに、もうワンランク高いお話をします。

商品の製造工程では一切の合成添加物などは加えていない無添加ではあるけれど、 原料の植物等を作る過程における化学物質が、自ずと残留して原料にも残るキャリーオーバーというのもあります。

イメージどういうことかと言うと、石鹸・シャンプー・化粧品等に必要なオイルの元になる植物を生育する段階で与えた農薬や化学肥料などがオイルにも残るのです。

たとえば、「このシャンプーの原料のオイルは農薬不使用栽培のハーブです」という表記があったとします。

たしかに、無農薬ではあるでしょうが、除草剤不使用、無肥料、またはキャリーオーバーのない有機肥料でない限りは必ず化学肥料は与えているはず。その化学 肥料の合成成分を吸い上げたハーブには残留します。ですから、このハーブから採れたオイルやエキスには意図的ではないにしろ、キャリーオーバー成分(化学肥料からの持ち越し化学成分)が残っているのです。

また、オーガニック(有機)栽培も同様なことが言えます。日本の有機JASでも20数種類前後の農薬の使用は認められています。 また、有機肥料は、枯葉、動物の糞(フン)、残飯他で作ることが多いですが、一般的に、動物の餌(エサ)は合成飼料、そして成長ホルモン、ワクチン、抗生物質等を与えていて薬漬け状態ですので、出来る堆肥にも化学成分は残り、その栄養分を吸い上げた作物、植物にも残留します(キャリーオーバー成分)。要は、間接的に化学物質を与えたのと同じです。

化粧品原料だけでなく、無農薬野菜やオーガニック野菜、オーガニックコットン等についても同じことが言えます。この点からも、 無農薬、オーガニックを無条件に“安心・安全!” と叫ぶのは早計であると言えるわけです。これら植物や作物自身における化学物質の残留を防ぐには、もう究極の、無農薬&無肥料の「自然農法」で作ったものだけとなるのではないでしょうか。これがノンキャリーオーバーの壁です。


当店の商品においても99%以上は、化学成分を一切添加しない完全無添加ではありますが、全てがノンキャリーオーバーではありません。 たとえば、アレッポの石鹸カサブ石鹸モリンガローションピュアポタッシュなどはノンキャリーオーバーに該当します。

ノンキャリーオーバー ピュアポタッシュまた、食用油においても同様のことが言えます。市販のサラダ油、ごま油等の食用油は、そのほとんどが化学薬品のヘキサンを使って抽出されています。当然オイルにも残留はあります。ノンキャリーオーバーの食用油を買いたいなら「圧搾法」を選んでください。(※当店の食用油はすべて昔ながらの圧搾法です)

巷には様々なキャリーオーバーが潜んでいるので、真の健康&美を望む人は化粧品だけでなく、食品等にも気配りが必要ですね。
化粧品などのキャリーオーバー成分には敏感なのに、食品類に関しては無頓着な人は意外にも多いもの。あなたはいかが?

昨今、成分に敏感になってきている傾向があるので、世間では、キャリーオーバーについて様々問い沙汰されているようです。

ただ、世の中、完全無添加さえクリアできない商品がほとんどなのに、キャリーオーバーを論ずるのは時期早尚?とも感じますが・・・。





いいね、+1をお願いします
あなた好みの無添加ヘアケアがすぐ見つかる!美髪づくりの無添加ヘアケアチャート
魂の商材屋のトップに戻る