無添加シャンプー専門屋トップ
無添加へのこだわり > シャンプー基礎知識 > 無添加シャンプーって合成なの?

無添加石鹸 商品

種類で選ぶ

無添加へのこだわり

シャンプー関連アンケート

関連情報

魂の商材屋 本店



ネプトプランニングロゴ

合資会社ネプト・プランニング

〒170−0002
東京都豊島区巣鴨2-12-12EGビル2F
TEL:03-3576-6037
FAX:03-3576-6038



無添加シャンプーって合成なの?

石鹸シャンプー以外は合成シャンプーです

当店で販売している無添加シャンプーも合成シャンプーの部類に入ります。

えぇーーッ!合成だったのー??

商品アドバイスをさせて頂く際にそう申し上げると驚かれる方もいらっしゃいます。店長はそれに驚きます。

「合成」っていう響きとイメージが良くないんでしょうね。
でもそれでいいのです。本当のことを知ってもらわねばなりませんから。

また、『界面活性剤の入ってないシャンプーありますか?』というお問い合わせも少なからずあります。

答えは、『一般的にはありません』。界面活性剤が入ってないのは、ハーブパウダーコズグロのような物しかありません。


→参照:界面活性剤の入ってないシャンプーありますか?


当店によくお問合わせいただくシャンプー関連の質問で結構多いのが以下。

 ・界面活性剤の入ってないシャンプー探しているのですが。
 ・おたくのシャンプーは「ノンシリコン」ですか?
 ・今、アミノ酸系を使っていて成分安心だと思うのですが他に何かいいものは・・?
 ・今、他社の無添加シャンプーを使ってるのですが・・・
成分聞くと本当の無添加には程遠い内容

素人同士のやり取りで間違った知識をインプットしたのか、販売ショップが間違った情報を教えているのか、ちゃんとした情報を公開できない成分なのかわかりませんが、このような問合せを頂いた時、店長はいったい何から教えてあげたらいいのか非常に困惑する場合があります。

ですが、ここでちゃんと教えてあげないと間違った知識でまた商品選びをしてしまう・・・こんな状況は野放しにしておくわけにはいきません。

まず基本として、できることならショップの言いなりではなく、自身で良いか悪いか程度は成分を読み解く知識も必要。

さて本題です。

現在、世の中にある一般的な洗浄成分の区分は、「石けん」か「合成」の2種類に大別されます

「石けん」ではない洗浄成分は、必ず「合成(合成界面活性剤)」に分類されます。

台所洗剤もシャンプーも同様です。そして、石けんも「界面活性剤」であることも覚えておいてください。
昨今、 “界面活性剤って良くない!!” 等と言っている方が少なくないようですが、いったい何を使っているでしょう?

石鹸シャンプー以外は合成シャンプーです!

ですから、市販のシャンプーにありがちな、石油系合成界面で、しかも合成ポリマ―や化学添加剤バリバリ配合、 “これは台所洗剤か!?”とカン違いしそうなシャンプーも、当店オリジナルの「魂のハッピーシャンプー」や、「アンナトゥモール」「ポールペンダース」「ジザニア」のような、植物性界面活性剤を使用し、化学添加剤など一切無添加の完全無添加シャンプーも、悲しいかな、一様に「合成シャンプー」となってしまう今の日本の現実があります。



惑わされるな!鵜呑みにするな!シャンプー選びの注意ポイント

ノンシリコンシャンプー、アミノ酸系シャンプー、界面活性剤不使用シャンプー

昨今、石けんシャンプー以外の洗浄剤である、弱酸性の合成シャンプーにおいては上記のような表記をよく目にします。

1:無添加シャンプー・・・・確かに「無添加」を冠に付けるとなぜか安心できる気もしますよね。

ですが、大事なことは「何が無添加なんですか?」ということです。

鉱物油無添加」、「バラベン無添加」、「シリコン無添加(ノンシリコン)」、「色素・香料無添加」・・・
どれかが無添加でも無添加を名乗れる。しかしこの程度の無添加では、当店の賢いユーザーさんは見向きもしないはず。



2:ノンシリコンシャンプー・・・・何ですかそれ?

髪に人工被膜を作る化学物質の「シリコン(メチコンなど)」は配合していないということを強調しているようですが、その他の化学添加剤は配合しているメーカーの苦し紛れの新しい言い回しでしょうか。「ノンシリコン」と聞いただけで安心するユーザーもかなり多いと聞きます。確かに入ってないに越したことはありません。



3:アミノ酸系シャンプー・・・・不可解な表現ですね。

単に、 「毒性が強いラウリル硫酸、ラウレス硫酸、スルホン酸・・・のような、石油系合成界面活性ではありません。だから安心ですよ!」ということを強調して考えられた言い回しと思われます。 石油系でないだけで安心? これだけでは取るに足らず。安心・安全の根拠なし!


これだけ見ても、“化学添加剤すべてが無添加と言えるレベルではないが、合成シャンプーと言うと買ってもらえないしーッ” というシャンプーメーカーの苦心のほどが垣間見られますが、単に「合成シャンプー」というイメージの悪さを払しょくさせるための新しい言い方に過ぎません。

消費者の皆さんはこれに惑わされてはいけません!要は中身がどうなのか?ということに帰結します。

さらに驚くことに、明らかに合成シャンプーなのに、「界面活性剤一切不使用のシャンプー」と銘打って販売しているシャンプーもあります。

これは、“知らなかった” では済まされない、うそ偽りの部類です。
ここまで言われると、成分がまったく読み解けない消費者は信ずるしかない。信じる消費者への裏切り以外の何物でもない。

当店のユーザーのように賢くなると、全成分表記を見ただけでおよそ良い成分かそうでないのかがわかるようです。
世の中、こんな消費者ばかりですと店長も苦労はしませんが、一般の製品を使っている方にはあのヨコ文字が何を意味するものかサッパリわからない場合が多いようです。

そして、肌・髪・頭皮にトラブルが発生してはじめて、“ひょっとして今使っているシャンプーに原因があるのでは?” と気づき始める。これはまだ良いほうで、トラブル発生後、シャンプーを疑わうことはなく医者に行く人も少なくはない。これが一般の方々なわけです。ですから店長が良くいうように、『今の世の中、知らない人が損をするようにできている』のです。
だから、店長は、「もっと賢い消費者」を産み出さねばならないと日々考えているわけなのです。


 『ネットで調べてみると色々書かれていて何を信用していいかわかりません!』


というメール等も当店に良く頂きます。このような方々はおそらく大勢いらっしゃるはず。売る立場の人間が正確に詳細をお伝えしてないからこのような発言が出てくる。業界にいる人間として真摯に受け止めなければなりません。

誤解を招きやすい情報は特にキッチリ知っておいて頂かなくてはならないと感じ、今回このようなページをあえて作ったわけなのです。
昨今インターネットで様々な情報をお手軽に入手できるようになりました。メーカーもそれを察知し、先手先手の対策を講じていく必要があると感じているので しょう。ですが、 消費者を困惑させたり、正確性に欠ける情報を使えることこそが、本当のヘアケアを間違った場所へ導く元。私たち販売主は再度これを肝に銘じなければなりません!

ちなみに当店のシャンプーの99%以上が、 石油系合成界面活性剤不使用、石油由来成分、合成ポリマー、シリコン(メチコン類)、化学合成の防腐剤(パラベン等)、 色素(青・赤・黄 ・・等のタール系色素)、人工香料などの一切が無添加の「完全無添加」。肌・頭皮のデリケートな人にも本当に安心して使っていただけるものばかりです。 

→魂の商材屋の商品選択基準

ここまで読んで頂いた皆さんは、もうこれからは、単なる「無添加」や目くらましの術の「ノンシリコン」、「アミノ酸系」 等に惑わされることはありませんね。

魂の商材屋は、「賢い消費者」になって頂くためにこれからも陰ながら支援させて頂きます。(店長・佐藤)



読んでおいて損はなし。シャンプー選びの再確認の意味で!【店長の推薦本】

http://image1.shopserve.jp/e-tamashii.com/pic-labo/bi_col11_img.jpgなっとく! のシャンプー選び

シャンプー選びは、「ボトルが可愛い、香りが好き、CMの俳優が好きだから」

…本当にそれでいいの?

本当に安心・安全なシャンプーって?
成分表示の見方をメーカー名指しでアドバイス。賢い消費者になるための本。無添加シャンプービギナー向けにおススメ!

※シャンプー選びの基本事項がちゃんと書いてるので一読の価値十分!

魂の商材屋がなぜ合成シャンプーを売っているのか?

“魂の商材屋って石けん専門じゃなかったのー!?”
 
以前こんなことをおっしゃった方がいました。
 
そうですねー、振り返れば当店は、10数年前にアレッポの石鹸に出会ってこのショップを開設したのです。
 
アンナトゥモール当初は石鹸関連だけのエキスパートになることを考えて品揃えをしていましたが、あるとき、『石鹸シャンプーは使いにくくてイヤ!石鹸以外のシャンプーはないの?』、ということを仰ったお客さまがいらっしゃいましたが、その当時は、石鹸以外の合成シャンプーは販売していませんでした。
 
『石鹸だけに固執するのもよいが、それだとユーザーさんが巷の良くない成分の合成シャンプーを使ってしまう可能性がある。であれば、合成でも最上級の安心 成分のシャンプーを見つけるしかない!』と決意し、それから様々探しました。ですがなかなか思うような安心・安全と思える成分のシャンプーが見つからな い。どうしよう。
 
そんな状況の時に、『良いシャンプーができましたのでいかがですか?』と声をかけて頂いたのが、(有)アンナトゥモールの滝沢さんだったのです。これがアンナトゥモールと出会ったきっかけです。
 
さっそくピュアシャンプーの販売 ページを作って販売を開始しました。この当時アンナトゥモールは全く無名で、検索エンジンで「アンナトゥモール」を検索しても何も出て来ませんでしたが、 今では販売店もかなり増え、当店のシャンプーの中でも人気No.1になる位に成長してくれました。皆さんの良い評価のおかげです。感謝!
 
石鹸シャンプーは、店長も好きだし、確かに良い。ただ、すべての人が石鹸シャンプーを使うかといえばそうではない。
 
どちらかというと、石鹸以外の合成を使う人の割合のほうが多いでしょう。だからこそ、成分の納得できないシャンプーは絶対に売ることはできないし、そのようなシャンプーをユーザーに使わせることもできない。今でも当時の気持ちは変わっていません。
 
魂の商材屋の商品ひとつひとつに出会いの歴史があり、当店の商品すべてがその積み重ね。
 
『どこに出しても恥ずかしくない、本当に安心できる商品だけ』を、信頼して頂ける皆さまの元へお届けし続けます。





いいね、+1をお願いします
あなた好みの無添加ヘアケアがすぐ見つかる!美髪づくりの無添加ヘアケアチャート
魂の商材屋のトップに戻る